東京ガスのガス引越し手続き完全ガイド

引越しの1週間前には旧居のガスを止め、新居のガスを開ける手続きをしましょう。

東京ガスの場合、インターネットで手続きができて、電話・FAXでも手続きの申し込みができます。
(プロパンガスを利用している場合、インターネットで手続きができないため、ご注意ください)

ガスの引越し手続きに必要な情報

手続きには以下の情報が必要です。
引越し先の住所、お客さま番号を手元に準備した上で、手続きを開始しましょう。

  • 契約者氏名
  • 使用を中止する住所(引越し前の住所)
  • 使用中止希望日
  • 使用を開始する住所(引越し先の住所)
  • 使用開始希望日
  • お客さま番号(ガスご使用量のお知らせ(検針票)に記載)

閉栓・開栓の作業立ち会い

ガスの開栓は電気や水道と異なり、立ち会いが必要です。
新たな引越し先にガス会社の担当者が訪れてガスを開栓するため、事前に手続きを済ませて使用開始日を指定しておかないと、すぐにガスが使いたくても使えなくなってしまいます。

また、引越し前のガスの閉栓も建物がオートロックの場合や、ガスメーターが建物の内部やオートロックで施錠された場所にある場合、立ち会いが必要です。

ガス料金の精算方法

最後の月のガス料金の精算は、口座振替やクレジットカード払い以外に、払込書を送ってもらったり、作業当日に作業者へ現金払いする方法が選べます。