市役所・区役所で行う引越し手続き一覧

引越しの際、転居後14日以内に住民票の住所変更手続きをしなければなりません。
同一市区町村内で引越しする場合、他の市区町村に引越しする場合、どちらに該当するかによって手続きが多少異なります。

住民票の住所変更手続きに必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 印鑑

同一市区町村内で引越しする場合

同一市区町村内に引越しする場合、転居届(住民異動届)を市町村役場に提出します。

他の市区町村に引越しする場合

他の市区町村に住民票を移動する場合、引越し前の市町村役場、引越し先の市町村役場の2箇所で手続きが必要です。

まず、引越し前の市町村役場に転出届(住民異動届)を提出し、転出証明書を交付してもらいます。

その後、引越し先の市町村役場で転入届(住民異動届)を提出します。
他の市区町村からの転入届は、引越し前の市町村役場で交付された転出証明書が必要で、引越し先の市町村役場から先に手続きをすることはできないため、ご注意ください。

印鑑登録、国民健康保険、国民年金などの手続きも同時に行うと二度手間になりません。
自分が転出、転入する市町村役場のホームページで、自分が必要な手続きを事前に確認して、加入している場合は国民健康保険証、国民年金手帳、印鑑登録する印鑑なども持っていきましょう。