市役所・区役所の引越し手続き一覧【2017年改訂版】

市・区役所の引越し

引越しにあたり、市役所・区役所で複数の手続きが必要です。

子供の有無や、国民健康保険に加入しているか否かで、必要な手続きが異なり、一度に手続きを済ませると二度手間になりません。

転出・転入する市役所・区役所のWebサイトを確認して、自分がしなければならない手続きと、手続きに必要なものを一覧化しましょう。

スポンサーリンク







住民票

住民票の移動手続きは、原則、誰もが必要な手続きです。
転居後、14日以内に完了しなくてはなりません。

同一市区町村内で引越しする場合は「転居届」、別の市区町村に引越す場合は「転出届・転入届」、提出する書類が異なります。

転居届(同一市区町村内で引越し)

転居届は、同一市区町村内で引越しする場合の手続きです。
転出と転入の届けを一度に行えます。

手続きには、「本人確認書類」が必要です。

代理人が手続きする場合、代理人の「本人確認書類」に加えて、手続きする全員の「通知カード」もしくは「マイナンバーカード」、「委任状」が必要です。

転出届・転入届(異なる市区町村間で引越し)

転出届と転入届は、別の市区町村に引越す場合の手続きです。

まず、引越し前の市役所・区役所に転出届を提出し、「転出証明書」を受け取ります。
手続きには「本人確認書類」が必要で、代理人の場合、代理人の「本人確認書類」と「委任状」が必要です。

その後、引越し先の市役所・区役所に転入届を提出します。
手続きには、「転出証明書」と「本人確認書類」、手続きする全員の「通知カード」もしくは「マイナンバーカード」が必要です。

2カ所で手続きをして、住民票の移動が完了します。
転入届の提出に「転出証明書」が必要なので、引越し先の市役所・区役所から先に手続きはできません。

印鑑登録

印鑑登録は、実印と呼ばれる印鑑を登録する手続きです。

引越し先の市役所・区役所で手続きすれば、引越し前の役所で手続きは必要ありません。

印鑑登録する市区町村に住民登録していないと手続きできないため、住民票の移動手続きとあわせて行うのがよいでしょう。

手続きには、「登録する印鑑」と「本人確認書類」が必要です。

国民健康保険

国民健康保険は、自営業やフリーランスなど、職場の健康保険に加入していない「第一号被保険者」が加入する保険です。
職場の健康保険に加入している場合、役所での手続きは必要なく、会社に届け出をして、労務担当者に手続きしてもらうのが一般的です。

手続きする場合、引越し前の役所で「資格喪失手続き」をして、引越し先の役所で「加入手続き」をします。

資格喪失手続きには「国民健康保険証」、加入手続きには転出届を提出するともらえる「転出証明書」が必要です。

国民年金

国民年金は、住民票の移動手続きであわせて住所変更され、原則、手続きは必要ありません。

また、国民年金ではなく「厚生年金」に加入している場合、会社に届けを出して、労務担当者に手続きしてもらいましょう。

子供がいる場合の引越し手続き

子供がいる場合、児童手当や医療費助成、公立小中学校の転出・転入手続きが必要です。

引越しは慌ただしく、自分たちのことだけで手いっぱいになりがちですが、子供の手続きまで気をくばりましょう。

児童手当

児童手当は、子育てをする保護者に支給される手当のことで、世帯で一番所得が多い人が受給者です。

引越しすると、児童手当を支給する行政が変わり、手続きが必要です。

引越し翌日から15日以内に申請すると、翌月分から児童手当が支給され、申請が遅れた分は支給されなくなってしまうので注意しましょう。

手続きには、「本人確認書類」、「通知カード」もしくは「マイナンバーカード」、「印鑑」、「申請者名義の振込先口座」が必要です。

子ども医療費助成

子ども医療費助成は、子供が医療機関で診療を受けた際、医療費の自己負担分を助成する制度です。

市役所・区役所によって、呼び方や助成期間が異なるので、事前に引越し先の役所のWebサイトで調べておきましょう。

引越しから1カ月以内に手続きすると引越し当日から受給資格を得られ、1カ月を超過して手続きをすると申請日からの受給資格となり、引越しから申請日までの助成が受けられません。

万が一、子供が病院にかかる可能性を考えて、期間内に手続きしましょう。

申請後、「医療証」を受け取ります。

公立小中学校の転出・転入手続き

公立小中学校の手続きは、引越し前に在学していた学校に「在学証明書」と「教科書給与証明書」を発行してもらい、引越し先の市役所・区役所に持参すると手続きできます。

遠方に引越しする場合、在学証明書と教科書給与証明書を受け取り忘れないように注意しましょう。

妊娠中の引越し手続き

子供がいる場合だけでなく、妊娠中に引越しする場合も役所で手続きが必要です。

市・区役所に「妊娠届」を提出すると、「母子手帳」と「妊婦健康診査受診票」をもらえ、引越し前の役所で受け取っている場合、母子手帳はそのままつかえますが、受診票は交換しなければなりません。

手続きには、「母子手帳」と「未使用の受診票」が必要で、家族が代理で手続きする場合、加えて「本人確認書類」が必要です。

新しい受診票と、その市・区で配布されている出産・子育て支援の配布物を受け取ります。