東京都水道局の水道引越し手続き完全ガイド

引越しにあたり、現在のお住まいの水道を使用中止して、新居の水道を使用開始する手続きが必要です。
引越し当日の3~4日前までに、管轄の水道局に連絡して手続きを済ませておきましょう。

ここでは、東京都水道局の手続きを例に、水道引越し手続きについて説明します。
東京都水道局は、東京23区と多摩地区26市町が管轄地域で、東京都内のうち、武蔵野市・昭島市・羽村市・檜原村は対象外です。

該当の地域から引越しする場合や、引越してくる場合に、電話やインターネットで手続きを行います。

スポンサーリンク







電話で水道引越し手続き

東京都水道局の「お客さまセンター」に電話して手続きを行う場合、電話をかける前に、現在のお住まいの水道の使用を中止する日、新居の水道の使用を開始する日を決め、引越し先の住所と検針票を手元に準備しましょう。
検針票に記載されている「お客様番号」が必要です。

電話は、日曜・祝日を除く8:30~20:00まで受け付けていて、平日の18時以降と土曜日は混雑します。混雑をなるべく避けて電話するのがよいでしょう。

お客さまセンターは、東京23区と多摩地区で電話番号が異なります。
管轄内の引越しの場合、使用開始と使用停止の手続きを同時にできて、契約中の口座振り替えやクレジットカード払いをそのまま継続できます。

  • 東京23区 お客さまセンター電話番号:03-5326-1100
  • 多摩地区 お客さまセンター電話番号:0570-091-100(もしくは042-548-5100)

インターネットで水道引越し手続き

電話に加えて、インターネットで手続きが可能です。
使用中止は3日以降、使用開始は約1カ月後まで手続きできます。

パソコンでもスマートフォンでも24時間手続きが可能なので、電話でお客さまセンターの受付時間内に手続きすることが難しい場合、インターネットで手続きしましょう。

ただし、インターネットで手続きする場合、検針票に記載の「お客様番号」を必ず入力しなければなりません。
お客様番号が分からない場合、お客さまセンターに電話して相談しましょう。

水道料金の精算

現在のお住まいの水道料金は、使用中止日までの料金を日割り計算で支払います。

口座振り替えやクレジットカード払いの場合、自動で引き落とされますが、事前予約をすると、引越し当日に水道局の係員に現地まで来てもらって現金で支払う方法や、水道局から請求書を送付してもらう方法があります。

水道局は、民営の電気やガスとちがって公営ですが、土日の精算も可能です。

引越し先で水道から水が出ない場合

使用開始の手続きが済んでいるのに水道から水が出ない場合、水道メーターの付近にあるバルブが閉まっていることがあります。
その場合、時計まわりと反対にまわすと、水が出るようになります。