引越し手続き

住民票の引越し手続き手順【2019年改訂版】

住民票の引越し

住民票の引越し手続きは、引越しすると、原則誰もが必要です。

同一市区町村内で引っ越す場合、転居届を提出します。

別の市区町村に引っ越す場合、旧居の役所に転出届を提出して転出証明証をもらい、新居の役所に転入届と転出証明書を提出。2カ所で手続きが必要です。

また、結婚して世帯が合併したり、離婚して世帯が分離した場合、世帯変更届を提出しなければなりません。

手続きの期限は、引越し後、14日以内。遅れると5万円以下の過料を請求される場合があるので、忘れずに済ませましょう。

住民票の異動届を提出する場所

品川区役所の建物区役所の建物

住民票を異動する転居届・転出届・転入届は、いずれも市役所・区役所の戸籍住民課住民異動係や地域センターで手続きできます。

転居届・転入届は、窓口に足を運ぶ必要があり、インターネット・電話での手続きはできません。

転出届は、郵送で提出できる役所があります。
転出届出書と本人確認書類のコピーを同封して送ると、転出証明書が返送されます。

受付時間は市役所・区役所・地域センターによって異なるので、延長窓口・日曜開庁の有無を確認してから向かうのがよいでしょう。

月曜日や金曜日など、休日前後は混雑するため、可能なら避けるほうが無難です。

印鑑登録・国民健康保険・国民年金など、市役所・区役所の引越し手続きを一度にまとめて済ませると効率的なので、自分の世帯に必要な手続きを確認し、各手続きに必要な書類をまとめて準備しましょう。

住民票の異動届提出に必要な書類

ソファの上のパスポートを見つめる1歳児パスポートを見つめる1歳児

転居届の提出には「本人確認書類」と「マイナンバーカードもしくは通知カード」、「住民基本台帳(持っている場合)」が必要です。

同居している家族の住民票をまとめて異動できるので、配偶者やお子様の必要書類も準備して、家族で訪れるのがよいでしょう。

転入届は、上記の書類に加え、転出届を提出するともらえる「転出証明書」が必要です。

転出届は、本人確認書類だけ持参すると手続きできます。

本人確認書類は、運転免許証パスポートなど、官公庁が発行した顔写真付きの証明書1点か、保険証など顔写真なしの証明書2点です。

住民票の引越し手続きにかかる料金

床の上のこども銀行のおかねを拾う1歳児こども銀行のおかねを拾う1歳児

住民票の引越し手続きをする転居届・転出届・転入届の提出に料金はかからず、手数料は無料です。
ただし、転出届を郵送する場合、切手代がかかります。

住民票の異動手続きが完了すると、住民票の写しを1通300円で請求できます。
住民票の写しは、コンビニで取得すると手数料が安くなり、1通200円で請求できます。