引越しに伴うエアコンの取り付け・取り外し工事

ご自宅のエアコンが備え付けではなく、自分で購入したものの場合、引越し先に持っていくか、処分するか決めなければなりません。

引越し先に持っていく場合、取り外し、取り付けの工事が必要で、処分する場合も処分費用がかかるため、とりあえず持っていってから考えるのではなく、事前に検討しましょう。

エアコンを引越し先に持っていく場合

取り外し、取り付けの工事を引越し業者のオプションで依頼する方法、エアコン工事専門業者に直接依頼する方法、大きく2つの方法があります。

引越し業者のオプションで依頼する場合、引越し業者のスタッフが作業するわけではなく、提携しているエアコン工事業者に委託することがほとんどなので、料金は割高になることが多いです。
ただ、申し込み、スケジュール調整を引越し業者とだけすればよいため、非常にラクです。

逆にエアコン工事専門業者に直接依頼する場合、料金は割安になりますが、申し込み、スケジュール調整などの手間が発生します。

作業の立ち会いが必要なので、引越し業者が到着する直前にエアコンの取り外し作業が終わっていることが望ましく、引越し日だけでなく時間まで細かく調整しなければならないため、想像以上にスケジュール調整が面倒です。

エアコン取り外し、取り付け工事の相場

ホースの交換、延長が必要かどうか、ガスの補充が必要かどうかなどによって、料金は異なりますが、引越し業者のオプションで依頼する場合、エアコン取り外し、取り付けセットで、1台につき1万5千円~2万円程度のことが多いです。

エアコン工事専門業者に直接依頼する場合、引越し業者のオプションで依頼する場合に比べて、1台につき5千円~1万円程度安くなることが多く、エアコン取り外し、取り付けセットで、1台につき1万円を切る場合もあります。

エアコンを処分する場合

新しく買い替えるので、今使っているエアコンを処分する場合、市区町村の粗大ごみ受付センターに依頼する方法、リサイクルショップに引き取ってもらう方法、引越し業者のオプションで引き取ってもらう方法があります。

処分費用は市区町村の粗大ごみ受付センターに依頼する方法が最も安い場合が多く、処分費用の相場は2,500円前後です。

リサイクルショップ、引越し業者のオプションで引き取ってもらう方法は、処分費用の相場が5,000円前後となります。

賃貸アパート・マンションにお住まいの場合、廃棄する予定のエアコンの状態がよければ、そのまま置いていける場合があり、そのまま置いていければ無料で処分できるため、大家さんに相談してみましょう。