引越しの日取りで変わる料金が安い日・高い日

引越しは時期、日取り、曜日、時間によって料金が変わります。

調整が可能であれば、できるだけ料金が安いタイミングで引越しできないか検討してみましょう。

時期

入学、就職、転職などが集中する3月中旬から4月中旬は繁忙期と呼ばれ、最も料金が高いタイミングです。

また、夏休み、冬休みなどの長期休み中は、普段より料金が高くなります。

日取り

年配の方は「大安」の日にこだわる傾向があり、そうでなくてもあえて「仏滅」の日を選ぶ方は少ないため、「大安」の日は料金が高く、「仏滅」の日は料金が低くなることが多いです。

曜日

多くの会社が休日である「土曜日、日曜日」が料金が最も高く、次いで連休にしやすい「金曜日、月曜日」が料金が高いことが多いです。

それらの曜日を避けた「火曜日、水曜日、木曜日」を選ぶと、費用が節約できます。

平日は在宅している家庭も少ないため、引越し作業によるご近所への騒音の迷惑も最低限で済ませられます。

時間

引越しは大きく分けて午前便と午後便(フリー便)の二種類があります。

午後便(フリー便)は作業開始時間が正確に分からないというデメリットはありますが、午前便より料金が安くなります。