引越し見積もりの手順とテクニック

引越しが決まったら、まずは見積もりをしましょう。

ここでは効率的な見積もりの手順や、知っておくと役立つ見積もりのテクニックを解説します。

一括見積もりサイト

一括見積もりサイトに申し込み

まずは旧居、新居の住所や引越し希望日、荷物の量などを入力するだけで、一度に10社前後の引越し業者に無料で一括見積もりが依頼できる一括見積もりサイトに申し込みましょう。

一括見積もりの結果を比較

一括見積もりサイトに申し込むと、各引越し業者の見積もり結果が、そのサイト上で閲覧できたり、個別にメールで届きます。

1~2日ぐらいで見積もり結果が出揃うので、それで相場を知ることが最初のステップです。

料金やサービス内容などを比較して、大企業から1~2社、中小企業から1~2社、合計3社程度に候補を絞るとよいでしょう。

訪問見積もり

訪問見積もりの予約

候補の引越し業者が絞り込めたら、訪問見積もりの予約をします。

インターネットだけで見積もりを完結できる業者もありますが、後々のトラブルを多く聞くため、営業マンに訪問見積もりをしてもらうのが無難です。

訪問見積もりは電話やインターネットから予約ができますが、土日は混み合うので、訪問希望日の1週間前には予約しておきましょう。

3社に訪問見積もりしてもらうのであれば、丸1日を訪問見積もりのために空けておき、同じ日に訪問見積もりを集中させると、料金やサービス内容が比較しやすくなります。

訪問見積もり当日

訪問見積もりの際、その場で契約すれば更に値引きすると言われることがあります。

まだすべての会社に訪問見積もりしてもらっていない段階であれば、あわてて契約せず、内金なども支払わないように注意しましょう。

訪問見積もりの結果を比較

この段階では料金だけでなく、作業内容やアフターサービスなどのさまざまな面で総合的に比較しましょう。

見積もり書を細かいところまでじっくり見返して、有償のサービスと無償のサービスをしっかり把握してください。

また、割引率に惑わされず、料金の総額で考えることが重要です。

引越し業者の決定

悩みすぎてギリギリまで業者が決まっていないと「車輌の売り切れ(空いているトラックがない状態)」が発生してしまい、希望の日程で引越しができなくなってしまいます。

遅くとも引越しの2週間前には業者を決定して、契約を済ませておきましょう。