引越し準備

よく分かる引っ越し料金の仕組み

床の上のこども銀行のおかねを拾う1歳児

引っ越しの基本料金は、国土交通省の引越約款に基づいて決められ、作業内容によって時間制と距離制があります。

近距離の引っ越しであれば4時間と8時間の「時間制」。
長距離の引っ越しであれば「距離制」で計算するルールです。

基本料金に作業員の作業料金・資材費・交通費など「実費」と、エアコンの脱着工事・アンテナ工事・不用品処分など「付帯サービス料」を加え、合計金額が引っ越し料金となります。

引っ越し料金の内訳は、見積もり書や契約書に記載されているので、どの作業にいくらかかるのか、細部まで確認しましょう。

荷物の運送料金

アート引越センターのトラックと資材引越業者のトラック

引っ越し料金は「トラックの大きさ=荷物の多さ」と「作業員の人数=人件費」と「引っ越し先までの距離=移動時間」という3つの要素で、基本料金が決まります。

エレベーターがなく階段で荷物を運ぶ場合や、玄関からトラックを停車できる位置まで距離が遠い場合は、作業員の人数が余分に必要で、費用が増加します。

また、窓から家具をつり下げて搬出したり、つり上げて搬入するなど、難易度が高い特殊作業が必要な場合、追加費用がかかります。

家電の工事料金

備え付けの天井埋め込みエアコンエアコン

引っ越しは、エアコンやウォシュレットの取り外し・取り付け工事など、輸送料金以外に工事費用がかかることがあります。

なるべく早く、引っ越し業者に訪問見積もりしてもらい、どのような工事が必要か、把握しましょう。

冷蔵庫や洗濯機は、無料で取り外し・取り付けしてもらえる場合があり、かかる費用だけでなく、無料でしてもらえる作業の範囲を確認すると、自分たちで行う作業が明確になります。

不用品処分料金

タワーマンションのゴミ捨て場で引っ越し荷造り用のダンボールをさがす1歳児ゴミ捨て場でダンボールをさがす1歳児

運ぶ荷物が少なくなるほど、引っ越し料金が安くなります。

2年以上1度もつかっていないものは、引っ越しを機に思い切って処分してしまうのも選択肢のひとつです。

フリマアプリ・ネットオークション・リサイクルショップを利用すると、引っ越し料金の足しになるかもしれません。

フリマアプリやネットオークションは、なかなか購入されず売却に時間がかかる場合があるので、処分を決めたタイミングですぐ出品するのがよいでしょう。

売却できなかった場合、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機など大型家電は、家電リサイクル券を購入して、市区町村の粗大ごみ受付センターに依頼するのが、最も安価に処分できる方法です。

ピアノの運搬料金

自動演奏のグランドピアノと1歳児グランドピアノと1歳児

大きなピアノがご家庭にあり、引っ越し先にピアノを持っていく場合、ピアノ運搬の料金が追加で発生します。

ピアノは非常に重く、デリケートにあつかう必要があることから、運搬料金が高額なことがほとんどです。

そのピアノを買ったとき、どのように搬入したか引っ越し業者に伝えると、見積もりしやすくなりスムーズに作業を行えます。

引っ越しの機会に、調律などピアノのメンテナンスを検討してみるのもおすすめです。

引っ越しのキャンセル料金

引っ越し業者と契約した後のキャンセル料金は、引っ越しの2日前までは無料、引っ越し前日のキャンセルは運賃の10%、引っ越し当日のキャンセルは運賃の20%です。

引っ越し業者によってルールが異なるのではなく、国土交通省の引越約款で定められています。

キャンセル理由は、止むを得ない場合だけでなく、どのような理由でも問題ありません。

ただし、無料のダンボールを受け取っている場合、返却するか買い取らなければならないので、注意が必要です。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined method autoptimizeConfig::get_ao_css_preload_polyfill() in /home/mitsumura/hikkoshitimeline.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeExtra.php:337 Stack trace: #0 /home/mitsumura/hikkoshitimeline.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(287): autoptimizeExtra->filter_optimize_google_fonts('<!DOCTYPE html>...') #1 /home/mitsumura/hikkoshitimeline.com/public_html/wp-includes/plugin.php(206): WP_Hook->apply_filters('<!DOCTYPE html>...', Array) #2 /home/mitsumura/hikkoshitimeline.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeMain.php(515): apply_filters('autoptimize_htm...', '<!DOCTYPE html>...') #3 [internal function]: autoptimizeMain->end_buffering('<!DOCTYPE html>...', 9) #4 /home/mitsumura/hikkoshitimeline.com/public_html/wp-includes/functions.php(4609): ob_end_flush() #5 /home/mitsumura/hikkoshitimeline.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(287): wp_ob_end_flush_all('') #6 /home/mitsumura/hikkoshitimeline.com/public_h in /home/mitsumura/hikkoshitimeline.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeExtra.php on line 337