引越し前・引越し先の掃除のコツ

引越しの際は、新居と旧居の両方で掃除が必要です。

どちらも手を抜けませんが、あまり掃除に時間をかけすぎると荷造りや手続きの時間がなくなってしまうため、効率よくすすめましょう。

旧居の掃除

長年住んだ家には見えないところにたくさん汚れが溜まっているため、大掃除をするつもりでしっかり掃除しましょう。

大家さんや不動産管理会社にどの程度まで掃除すべきかを聞いておくと手間が省けます。

フローリング

掃除機をかけた後に雑巾がけをしましょう。

水拭きをすると塗装落ちの危険があるため、床用のマジックリンなどを使用するとよいでしょう。

畳のしつこい汚れはなかなか落ちませんが、水に「お酢」や「みかんの皮」などを加えて雑巾掛けをするとある程度きれいに落ちます。

カーペット・じゅうたん

重い家具の下に敷いてへこんでしまった敷物は、少しだけ濡らしてドライヤーを使って毛を起こすと簡単に元通りになります。

キッチン

ガス台や換気扇などの取り外しできるものはシンクでつけ置きをして、他の部分の油汚れは台所用の洗剤をつかって根気よく落としましょう。

トイレ・お風呂

浴槽に洗剤を使用する場合は、浴槽の材質によって使用する洗剤が異なるので、しっかり説明を読んで購入しましょう。

また、複数の洗剤を使用する場合や、強力な洗剤を使用する場合も説明書をよく読んで注意して使用しましょう。

新居の掃除

いくら新居だからといって意外と汚れている部分もあるため、荷物を入れる前に隅々まできれいにしておき、新居での生活を気持ちよくはじめましょう。

新居の下見のときに掃除すれば、二度手間になりません。

フローリング

隅々まで徹底的に掃除機をかけてから、家具用や床用のマジックリンなどを使用して雑巾がけをしましょう。

換気

新築のお住まいは塗装のニオイが残っていることが多いため、すべての窓を開けて換気しておきましょう。

トイレ・風呂

まだ使用していなくても汚れていることが多いため、使用する前にしっかり掃除しておきましょう。

害虫駆除

荷物を入れる前であれば、駆除剤が隅々までいきわたるので、説明書をよく読んで使用しましょう。

使用後は忘れずにしっかり換気をして、掃除機もかけておきましょう。