引越し荷造りの順番とコツ

荷造りは引越しの2週間ぐらい前から少しずつはじめて、引越し当日に備えましょう。

ダンボール・ガムテープ・太いマジック・カッター・ハサミ・新聞紙・ビニール紐・ゴミ袋・雑巾などを用意しておくと便利です。

また、ゴミの日の前日に荷造りすれば、不用品をすぐに捨てることができておすすめです。

ダンボール

まずはダンボールを準備します。
契約すれば引越し業者がサービスでくれることが多いため、そのようなサービスがないか聞いてみましょう。

もし、サービスがない場合、ダンボールは購入すると意外と高いため、近所のスーパーなどでダンボールを分けてもらえないか聞いてみましょう。

家具の荷造り

荷物で出入口がふさがってしまわないように、一番奥の部屋の普段使用しないものから荷造りをしていきます。

家具自体は引越し業者が専用の資材で梱包してくれるので、何もする必要はありませんが、組み立て式の家具は解体や組み立ての作業費がかかる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

タンス・机・ドレッサー

家具の形状変化を防ぐため、中身をすべて出してダンボールにつめます。
引き出しごとに分けてつめると、開けるときに何が入っているか分かりやすくなります。

ベッド・テーブル

解体料金が発生することが多いので、事前に依頼する業者に確認しておきましょう。
自分で解体する場合、ネジ類はなくさないように袋に入れてまとめておきましょう。

ソファー

引越し業者が梱包して運んでくれますが、傷つきやすく汚れやすいので、高額なものであれば搬送方法を相談しておきましょう。

家電の荷造り

家電は配線が面倒ですが、引越しスタッフが無料でやってくれる場合もあります。
どこまでを自分たちでやらなければならなくて、どこまでを業者がやってくれるのか事前に確認しておきましょう。

冷蔵庫

移動中の水漏れ防止のため、前日までに中身を空にして必ず電源を抜いておき、霜をとって受け皿にたまった水を捨てておきましょう。
コンセントは引越し先に設置後、5~6時間経ってから差してください。

洗濯機

かたむけて洗濯槽の中の水を抜いておき、ホースはガムテープでまとめておくと親切です。

エアコン

備え付けのエアコンであれば、掃除だけしておけば問題ありません。

後から取り付けた場合、旧居での取り外し、新居での取り付けを引越し業者のオプションなどで申し込む必要があります。

古いエアコンであれば、捨ててしまうのも選択肢のひとつかもしれません。

AV・オーディオ機器

テレビやオーディオの配線はほとんどの場合が有料になるので、可能であれば自分で外して、コードはまとめておきましょう。
ダンボールに入る小さな電化製品は、ワレモノと同様にしっかり緩衝材で包んでからつめましょう。

照明

かんたんに取り外せるタイプの照明であれば業者が無料で外してくれるので、備え付けか否かを事前に確認しておきましょう。

ストーブ・ポリタンク

中の灯油を空にして完全に蒸発させておき、ゴミ袋を2重にして包んでおくと他の荷物にニオイがうつりにくくなります。

パソコン

振動に弱くデータ損失が起こることがあるため、必ずバックアップをとっておき、購入時の箱があればそれにつめておきましょう。

ワレモノの荷造り

ワレモノをダンボールにつめるときは、小さめの箱を使用して重たい物を下に並べていき、最後にすきまができないように新聞紙などをまるめてつめ込みましょう。
つめ終わったらダンボールの外側に目立つように「ワレモノ」と書いて、業者に分かりやすくしておけば、トラブルを未然に防げます。

食器・コップ

一つ一つ新聞紙などの緩衝材でしっかり包んでから、揺れてもガチャガチャいわないようにすきまなくつめていきます。
お皿は立てて並べると割れにくくなります。

ビン類

小さい箱ではきちんと閉まらずに飛び出てしまうので、大きな箱を使用してダンボールが変形しないようにしましょう。

CD・DVD

上からの重さに弱いため、平置きではなく縦置きにつめましょう。

つめすぎて重くなり過ぎないよう、小さな箱に軽いものと一緒に入れましょう。

その他の荷造り

書籍などの重いものは小さい箱に、布製品などの比較的軽いものは大きな箱に、ダンボールの上部になるべく空間ができないようにつめていきます。

1箱ずつ中身と行き先の部屋を大きく書いておけば、ダンボールが間違った場所に運ばれてしまうのを防げます。

衣類

クローゼットにかけてある衣類や、着物などの特別なものは、業者が専用のハンガーボックスやケースを用意してくれることが多いので、確認しておきましょう。

プラスチックの衣装ケースは、ほとんどの場合、中身が入ったままでも運んでくれます。

ふとん類

業者が用意してくれるふとん袋につめていき、業者がふとん袋を用意してくれない場合は、いらないシーツや風呂敷などで包んで紐でしばっておきます。

書籍

本棚ごとにまとめてダンボールにつめると、荷解きのときに分かりやすくなります。

つめ込みすぎると箱が壊れたり、重すぎて持てなくなってしまったりするため、小さな箱につめましょう。

貴重品

他の荷物と一緒にならないようにしっかり分けておき、当日、忘れずに自分たちで運ぶようにしましょう。